マンチカンの性格を分析

最近、日本では空前の猫ブームが起きています。その理由としては、犬に比べ手がかからない事があげられます。ほとんどの場合、猫は家の中で過ごしていても運動不足になる事はありません。その為、散歩に行く必要がほとんど無いので、飼い主の方も負担を感じる事が少ないでしょう。また、鳴き声などの苦情も出にくく他人との関わりが少ない今の日本にはぴったりの猫と言えます。
 
一口に猫と言っても沢山の種類が居ます。その中で、最近特に人気が高い種類が「マンチカン」です。マンチカンとは、英語のmunchkinから来た造語であり、その言葉には「小さい人・子供」などの意味が込められています。マンチカンの一番の特徴はその足の短さです。平均して、約10センチほどしかないその足は、他の猫に比べてもダントツに短く猫の中のダックスフンドとも呼ばれています。
 
一見運動は苦手に見えるマンチカンも、実は意外と俊敏に動く事が出来ます。また、彼らは大変穏やかな性格の子が多いと言われています。その為、多頭飼育と呼ばれる何匹かを一度に飼育する環境にとても向いています。誰とでも仲良くなることが出来る性格なので、すぐに家族に溶け込む事が出来るでしょう。
 
また、彼らは大変頭が良く学習能力に優れています。その為、お留守番中も比較的いい子に過ごす事が出来ます。一人暮らしなどで家を空けがちな方も、安心して外出する事が出来るでしょう。

ペットを飼うと言う事は、その生き物の一生を背負う責任があります。是非、見た目のかわいさだけに目を向けるのでは無く性格なども総合してしっかりと考えた上で購入をしていただければと思います。